カテゴリ:金継ぎの事( 17 )

黄色い鳥器店の金継ぎ教室

毎日暑い日が続きますが、アトリエでは秋に向かってイベントの為の制作に
実はバタバタしいています。
お知らせです。黄色い鳥器店での金継ぎ教室も10回目になります。
平日のコースはまだお席がありますので、ご興味のある方はご参加お待ちしています。
詳細はこちら→黄色い鳥器店

各コースも満席となりました。
by atelier-SARUE | 2013-08-21 13:10 | 金継ぎの事

hiraiwaさん

美術学校時代の先輩、藤川さんの奥様平岩夏野さんは、
素敵な洋服を作る作家さんです。
お二人から、金継ぎの依頼を承り、先日納品いたしました。
その器をブログで紹介してくださっています。
→☆1
→☆2

ありがとうございます。もっと完璧な仕事を目指したいと思います。
昨年、平岩さんのアトリエにお邪魔したとき、
その素敵な仕事場にうっとりしました。
いい仕事をしている人の仕事場って、やっぱりかっこいい。
自分の仕事場の事考えなきゃいけないです。

f0221602_917634.jpg
by atelier-SARUE | 2012-02-16 09:38 | 金継ぎの事

黄色い鳥器店・金継ぎ教室

先日もお知らせしました、黄色い鳥器店での金継ぎ教室。
参加を楽しみにして下さっている方のご都合に添えない状況だった事を知り
今回、初級・中級関係なく水曜・土曜参加頂ける様になりました。
どちらの曜日も若干お席があります。
ご興味のある方、これまで参加された方も是非、、

金継ぎ教室の詳細→
by atelier-SARUE | 2012-01-15 13:06 | 金継ぎの事

金継ぎ教室の生徒さん

黄色い鳥器店に参加してくださっている生徒さんの中に、
素敵なお店をされている方が2人いらっしゃいます。
さくらのみちさんとプチミュゼさん。
お二人とも扱っている器をお客さんの為に直したい。
と参加されましたが、昨日3回目の教室が終了し、
伝えたい事が沢山ありすぎて、中途で終わってしまい、大反省です。
教室は終わってしまったけど、どんどん質問してくださいね。

プチミュゼさんは、フランスの紙ものとアンティークのお店です。
以前から気になっていて、まさか教室に参加してくださるとは、、
出会いがうれしいです。近日中にいかなくちゃ〜と思っています。

吉祥寺に行った帰り、さくらのみちさんに寄ってみました。
小さいお店だけど、mさんの思いがこもった素敵なお店でした。
イチジクのケーキとコーヒーをご馳走になりました。
以前ここでカフェもされていたそうで、私も喫茶店で長い事働いていたし、
お互いカウンターの中で思っていたことが一緒だったりして、
まだ出会って数回なのに、いろいろおしゃべりしてしまいました。
三鷹駅前さくら通りにあります。
by atelier-SARUE | 2011-11-11 01:56 | 金継ぎの事

吉祥寺・poooL

f0221602_175524.jpg

<お茶碗あそび>という企画展の中で、器の修理屋さんと称して参加
させて頂く事になりました。この企画展に参加している陶芸作家さん18人、
素敵な作品を作っています。というか私が好きな作家さんばっかりです。
ちょっとした出会いで、ご縁が出来て、ほんとうにうれしいです。
マッコリの会とか、お料理のイベントとか、楽しみです。
gallery poooL
by atelier-SARUE | 2011-11-11 01:29 | 金継ぎの事

熱い教室。

昨日は、第4回目の金継ぎ教室初日でした。
このクラス、定員オーバーの8名の方が参加されました。
その中には、お店を経営している方が二人。器を扱っていらっしゃるそう。
金継ぎを覚えてお客様の役に立ちたい。
これはもう責任重大だな。。。教える方も熱くなります。
一日目は、いろいろ話す事がたくさんで、言い忘れていないか、、
そして、教わる方も書き留めたり、写真を撮ったり忙しいです。
金を蒔くまでにはたどり着けないので、直している実感を感じて頂けないまま、
これでいいか、皆さんの席を順番に回る事、2時間半。何周したかな?

先生〜!!と言われるのは、、ピンときません。
なので、、悦子さんとか、エッチャンとか、榎本さんとか、、で呼んでください。
アトリエの教室では、先生は禁句なんです。
実は、私も皆さんからたくさん教わっていますので、、、
by atelier-SARUE | 2011-09-15 15:31 | 金継ぎの事

新学期

京都での展示が終わって、夏休みも終わりかけな気分で、
8月は宿題に追われる子供みたいでした。
いままでやりかけの事を、、主に家の事、一日があっという間に、、
食器棚の扉の不具合を直したり、障子張り残り、、草むしり、、
やっと展覧会に出かけ、人に会ったり、、宿題じゃないか。。

さて、昨日は黄色い鳥器店での金継ぎ教室第3回の最終日でした。
この回は、間に夏休みがあって新学期早々最終回で、もっとお伝
えしたい事とか、一ヶ月空いてしまったので、どうするんだっけ?とか、、
かなり時間もオーバーして終了しました。

一人の方に説明している間、他の方たちの楽しそうなお話も
とっても気になって、、3回だけで終わってしまうのはさみしいなあ。。
と思っていたら、高橋さんが今まで受講してくださった方対象の
クラスを設けてくれました。

新学期の9月は新しいクラスがはじまります。
前回受講して下さった方にまたお会いできるのを楽しみにしています。

昨日の教室の様子と第4回と中級者クラスの詳細はこちら→
by atelier-SARUE | 2011-09-02 11:58 | 金継ぎの事

トクサ

パテ埋めなどをした器に、ヤスリがけに便利なトクサ。
陶芸でも石膏ろくろの型をヤスリがけするときにも使っています。
木管楽器のリードを調整するのにもつかわれるそうです。
2年前にいつでも使える様に鉢植えにしました。
我が家の庭に植え替える予定で、
垣根の一部になってくれるといいのですが、、
今は実用のみで、、狭い鉢の中で育ってくれています。

f0221602_10431683.jpg

by atelier-SARUE | 2011-07-22 10:44 | 金継ぎの事

黄色い鳥器店・第3回金継ぎ教室始まります。

黄色い鳥器店での第三回金継ぎ教室のご案内です。

全3回で、陶器の割れや欠けを漆で補強し、
金粉や銀粉を使って化粧して蘇らせる金継ぎを学びます。
今回は、小さなカケやヒビを直すことから始める、
初心者対象の教室です。

日にち 木曜コース 6/23・ 7/14・ 9/1
    日曜コース 6/26・ 7/17・ 9/4
時間  午後1時〜3時半
場所  黄色い鳥器店3階 
定員  各コース7名
参加費 12,000円(3日間分)
教材費 5,500円
(金継ぎができる一通りの道具がセットになっています)
持ち物 エプロン・カッター(デザインカッターだとさらに良いです)
小さなカケ、ヒビのある器3〜4個、また、
    それぞれの器を入れる箱(毎回お持ち帰りいただくため)

3日間ご参加いただける方に限らせていただきます。

申し込み方法
6/14(火)21時より募集いたします。
詳しくは黄色い鳥器店→

どうぞ、よろしくお願いいたします。
by atelier-SARUE | 2011-06-09 14:01 | 金継ぎの事

沖縄の作家さんの器を直す

沖縄の作家さん(お名前を聞けてなくて)の器です。
綺麗なブルーの鉢です。
自然が美しい沖縄をイメージできるブルーがとても美しい器です。
これはやはり金を蒔くととってもいいです。
細かく欠けていて、パズル状態でしたが、
絡まった毛糸など解くのは嫌いな方ではないので、
欠けがなくなってしまっている部分は砥の粉でパテを作って補修します。
金色の線と面で構成されて、でき上がりが良い感じになります。

f0221602_10513459.jpg



f0221602_10523075.jpg
by atelier-SARUE | 2011-05-18 15:05 | 金継ぎの事